# 受験

名門小学校受験に成功した“奇跡のワーママ”が戦慄した「目にみえない格差」

お受験初代組にはキツすぎる…
仁科 友里 プロフィール

チャンスの不平等

前述したとおり、洋子さんはともかく軽い気持ちで小学校受験を決めた。とりあえず
有名な塾に入れたが、ここで洋子さんの思う塾とお受験の塾の違いに気づく。

洋子さんのイメージする塾とは、洋子さん自身が高校や大学受験で通ったものと同様に、子どもの学力を伸ばし、志望校合格に導いてくれるものだった。しかし、お受験の塾は全く違った。

「お受験の塾は、あなたのお子さんはこういうところが向いていますよ、この学校が向いていますよ、この学校なら受かりますよと『教えてくれる』んです。親はその教えてもらったところの学校の中から選んで、対策するしかない。学力を伸ばすというより、仲人をしてくれる感じです

photo by iStock
 

小学校受験には“ご縁”の有無は重要なポイントになる(私学であるから、コネは否定されるべきものではない)。お受験対策のムック本にも、学校によっては縁故が必要とはっきり書いてある。公立小学校に対する不信感が増していることもあり、お受験は過熱し、“シロウトさん”の参入者は増えている。

しかし、コネのある人がごく一部であることを考えると、競争は激化する一方だ。有名大学の付属小学校はいつの時代も人気だが、ここは何代もおつきあいのある人たちの戦いなので、洋子さんのようなお受験初代組はどう足掻いても入れない。

そうなると、ご縁以外のこと、つまり、ペーパーテストを重視する学校に人気が集中してしまう。これまた狭き門なのは言うまでもない。

「それでも、最初はコネをあまり信用していなかったんです。ペーパー試験ができれば、合格するんじゃないかって。でも、今、子どものお受験を終えて思うんです。やっぱりあると思います。不思議というか、さすがというが、塾が勧めないところを受けて、受かった人を私は見たことがありません

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/