photo by iStock
# 受験

名門小学校受験に成功した“奇跡のワーママ”が戦慄した「目にみえない格差」

お受験初代組にはキツすぎる…

なぜゆうこりんは再婚を急いだのか?

2020年3月、タレントのゆうこりんこと小倉優子が、再婚相手である歯科医に弁護士を通じて離婚を求められていると報じられた。

初婚夫の不倫が原因で離婚をしたのが2017年3月。不倫発覚がゆうこりんの妊娠中だっただけに、同じような経験を持つ世の女性陣はおおむね、ゆうこりんを支持。二人のお子さんを抱えて健気に頑張る、料理上手なシングルマザーとして好感度を爆上げしたゆうこりんは、オリコン社調査の「好きなママタレント」ランキングで、2017・2018年に第一位を、2019年には第二位を獲得した。

しかし、離婚報道の影響か、2020年の同社のランキングでは10位にも入れず、圏外落ちしている。

photo by gettyimages
 

ママ友の紹介で知り合ったという歯科医師との交際発覚は2018年6月、再婚したのが12月である。

前夫とのお子さんが二人いるのに、短い交際期間で再婚を決めたことが夫婦関係の破綻を招いたのではないかなど、いろいろな見方が飛び交っているが、お受験という視点で考えると、ゆうこりんが再婚を急いだことは「当然のこと」とお受験ママたちは言う。

ゆうこりんの長男は難関小学校に見事合格を果たしている。両親や祖父母に愛され、慈しんで育てられた子どもが集う場所、それが名門私立小学校である。死別ならともかく、両親が揃っていないのはよろしくない。

愛する息子が肩身の狭い思いをしないように、またその兄弟のお受験のためにも、ゆうこりんが「早く新しい父親を」と思ったとしても無理はないと名門小学校のママたちは考えるわけだ。

都内在住で地方出身の洋子(仮名、44歳)さんも、そんなゆうこりんの動向を気に掛ける一人だ。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/