photo by istock

マスコミが報じない…コロナワクチン「打ち手不足解消」のための「超法規的措置」

東京五輪開催の大前提になる高齢者接種

「五輪中止」がもし決まるとすれば…

東京五輪をめぐっては開催に悲観的な国内の声もあるが、現状で五輪開催はどうなのか。

まず、そもそも五輪中止の決定権はIOC(国際オリンピック委員会)が持っていることを踏まえておこう。日本側(政府、東京都、大会組織委員会)は、基本的には開催場所の提供だけをしているので、五輪中止の決定権はない。これは五輪契約上の話だ。

五輪開催に悲観的な意見を持つ一部の政治家や世論は、その前提として「日本の新型コロナの感染は深刻な状況だ」という。

本コラムでは繰り返して指摘してきたが、日本の新型コロナ状況は世界の先進国の中ではトップクラスで持ちこたえていると、筆者は考えている。日本では「第四波」と大騒ぎしているが、人口当たりでみると、劇的に改善したイギリスと同水準である。

 

もし、日本の新型コロナ状況を理由として日本側からIOCに中止を申し出せば、日本はIOCに数千億円程度という巨額の賠償金を支払う必要が出る可能性が高い。

IOCは無観客開催でも放送料が入るので、IOCから進んで中止をいうインセンティブはない。万が一、五輪参加選手がボイコットすれば、IOCとしても中止せざるを得なくなるが、日本の新型コロナ状況を世界から見れば、日本は安全な地域とされ、その可能性はまずないといっていいだろう。

今後、IOCと日本は、外国からの五輪観光受入を行わないことと最低ラインとして、国内外問わず完全に無観客で行うことも正式に決定するかもしれない。いずれにしても、ここまで検討して中止となれば、日本側の要請しか理由がない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/