文在寅が「慰安婦問題」で“KY発言連発”…!韓国国民の「ブーイング」が止まらない文政権の末路

武藤 正敏 プロフィール

また、慰安婦が受け入れ可能な合意については、2015年の合意ですでに7割強の元慰安婦は合意を受け入れている。受け入れていないのは、正義連等に近い強硬派の元慰安婦である。2つの慰安婦組織の欺瞞はすでに暴かれており、文在寅政権もその現実を直視すべきである。

文在寅氏は、多くの事案について現実を直視せず、自分たちに都合のいいように問題を解釈する。文在寅氏がビデオメッセージで述べたことは現実とは全く異なる事実である。

文在寅政権は現実を直視しない photo/gettyimages
 

正義連はもはや「不可侵の存在」ではない

正義連が毎週日本大使館の前で行った抗議活動によって多くの市民は、正義連が慰安婦を代表するものと受け止めた。その結果、正義連は慰安婦問題では一切の批判を許さない不可侵の存在となったが、一連の不正と傲慢な姿勢でその立場は急速に弱まっている。

これまで慰安婦問題の解決を妨害してきたのは正義連である。多くの慰安婦は2015年の慰安婦合意を受け入れている。正義連の前身の挺対協は、日本が設立した「アジア女性基金」による問題解決の努力も、多くの慰安婦の意思に反し、日本からの償い金の受領を妨害した。正義連の情報操作により、多くの市民はその正義連の実態を知らない。

アジア女性基金から、当初7人の韓国人元慰安婦がおカネを受け取ると、当時の挺対協のトップは「アジア女性基金からおカネをもらう人は、自ら進んで出かけた娼婦であることを認めるのと同様だ」と元慰安婦を傷つける言葉を発したという。

しかし、アジア女性基金の代わりに韓国政府からおカネを受け取った人のうち54人がアジア女性基金からも後ほどおカネを受け取っていたという。当時の挺対協が邪魔しなければ、より多くの元慰安婦がアジア女性基金からおカネと総理の謝罪を記した書簡を受け取り、この問題は解決していたということである。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/