2021.05.10
# 日本株 # 東証

サイバーエージェントの決算がスゴすぎる…「ウマ娘」のライバルになる企業は?

今週の「AI株価予報」で読む

決算資料を見てみると…

4月末から5月、ゴールデンウィーク前後には企業の決算発表が集中する。

特に今年の場合は、昨年から続く新型コロナウイルスの影響をどれだけ受けたかを測るうえで、目が離せない決算となった。

当然のことながら、決算は株価を左右するもっとも重要な判断材料のひとつだ。

的中率ズバリ80%を誇る『DeepScore株価予報AIエンジン』(DeepScore社開発・運営)の株価予報をもとに、今週の日本株市場がどのように動いていくとみられるか、考えてみよう。

まず、日本株市場でもっとも注目が集まった決算発表のひとつが、サイバーエージェント (4751)の決算ではないだろうか。

4月28日に発表された、21年9月期第2四半期(1~3月期)の決算は、売上高が1634億円(前年同期比26.6%増)、営業利益は258億円(同2.1倍)だった。

業績大躍進を牽引したのは、話題沸騰中のスマホゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」であることは言うまでもない。

言葉で説明するよりも、同社の決算資料をご覧いただいたほうが、そのインパクトはわかりやすいだろう。

関連記事

おすすめの記事