2021.05.16

ベテラン投資家が「14歳の日本人」に伝えたい「お金に使われない人生」の極意

みんなが言わない「一番大切なこと」
藤野 英人 プロフィール

「ステレオタイプな生き方」って、普通ではない

ライフプランニングで例示されるような人生を歩む人は、実はあまり多くないのではないかと思います。

世の中は“適齢期”で結婚した男女ばかりで構成されているわけではなく、シングルの人、晩婚の人、離婚した人、LGBTQの人などがたくさんいます。結婚した男女でも子どもを持たない・持てない人もいますし、結婚していなくても子どもを持つ人もいます。住宅にしても、賃貸派もいれば「親が持っている家に住んでいるから買わずに済む」という人もいるでしょう。

しかし既存のライフプランニングの手法は、どうしても「男女が結婚して子どもを持ち、住宅ローンを組んで家を買い、子どもは大学進学させる」といったようにステレオタイプな生き方をイメージさせるものになっています。私が「苦しさ」を感じるのは、そこに多様性がないように思えるからです。

 

ライフプランニングのツールでは「結婚は?」「子どもは?」「住宅購入は?」「大学進学は?」といったように、それがあたかも当然のことかのように選択を求められますが、そういったライフプランニングのステップを通じて「結婚していない自分」「子どもを持たない自分」「家を買わない自分」「子どもを大学に進学させない自分」のことを「普通じゃないんじゃないか」と感じる人は少なくないでしょう。

本来、人生は多様であることが当然なのに、ライフプランニングは「普通はこうだ」と押し付けるような同調圧力を強く感じさせるのです。

関連記事

おすすめの記事