結婚後、突然別人のように…モラハラ夫と暮らした10年以上の「心が死んだ生活」

漫画「モラニゲ」無料公開【後編】
榎本 まみ プロフィール

1人目だけでなく2人目の夫からも

「別居した後本当にお金で苦労したんです…。1人目だけでなく2人目の夫からも婚姻費用や養育費を一切もらえなかったので、子どもの学費やいろんな支払いを全部私がすることになって…」

えにさんは、2人目の夫には外で働くことを禁じられていた。そのため、働くにはブランクが10年以上あった。正社員は難しく、はじめは時給850円のパートの仕事につくことになった。

「いくら働いてもお金が足りなくて…。支払いが滞ったり、入金を待ってもらうよう掛け合うことが日常茶飯事でした。ごはんも満足に食べられなくて…」

その後、さんざん苦労したが、なんとかパートから正社員へ転職し、今は生活も落ち着いている――そうえにさんは振り返る。こうした経験から、現在、Twitterを中心にモラハラについての啓発活動も行っている。

 

「でも私はいろんなことを知らなかったんだと思うんです。Twitterを始めたのは離婚後生活が落ち着いてからだったけど、あれはモラハラっていうんだとか、養育費をもらえないのは普通じゃないとか、婚姻費用というものがあるとか、いろんな知識が入ってきて…。

それに世の中には以前の私と同じような目に遭っている人が大勢いるんだと驚きました。私は気が付くのに時間がかかってしまったけど、もしまだ気づいていない人がいたらそれに気づいてほしいし、情報収取をしてほしい…。だからTwitterで活動をしているところもあります」

情報を得ることで、「うちはおかしい」と気づくきっかけにもなる。「2度結婚していたときよりも、逃げ出した今のこの生活のほうが楽しいし、ずっと幸せです」そう話すえにさんは心から笑っていた。

 
編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/