メルカリで「空き箱」がめちゃくちゃ好条件で取引される「意外な理由」

どうして、中身がなくても売れるのか
川崎 さちえ プロフィール

保管にも使える

条件4:必要に迫られている

これは筆者の経験談なのですが、7年ほど前にiMacの箱をヤフオク!で売ったことがありました。箱が売れるというのは知っていたので、自分でも試してみようと思ったからです。

iMacの空き箱を出品したら、確か800円程度で落札されたと記憶しています。送料は落札者負担。当時は「ハコブーン」という重さと送り先までの距離で送料が変わる配送サービスがあって、これを使ったため送料がかなり抑えらました。

取引の中で落札者さんから「できるだけ早く送って欲しい」とメッセージがありました。引っ越しでiMacも移動させるけれど、ジャストサイズの箱がないとのこと。こういう需要もあるのかと思いました。

 

条件5:保管で使える

すでに中身を持っている人が、保管するために買うこともあります。箱に入っていた方が整理しやすいですし、見栄えもいいですからね。このような需要の場合、保存用の袋もあるとさらに高く売れそうです。

条件6:中身を売るときに役立つ

中身を売るときに箱付きの方が高値になることもあって、空き箱を買うケースもあるのは事実です。ブランドのバッグやタブレット、スマホなどにこの傾向があります。買取店は買い取った商品をお店などで売るので、より高く売るために付属品を揃えるというわけです。

売る場合ではなく、プレゼントをするときも箱を買うことがあります。これも筆者の経験なのですが、数年前のクリスマス前にニンテンドーDS(現在は生産終了)の空き箱を売ったことがありました。値段は送料別で500円程度だったと思います。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/