メルカリで「空き箱」がめちゃくちゃ好条件で取引される「意外な理由」

どうして、中身がなくても売れるのか
川崎 さちえ プロフィール

箱があったほうが高く売れる

このような高級ブランドの商品は値段も高いですよね。中身は手が出なくても空き箱なら…と考えることもあって、フリマアプリなどで購入するわけです。

高級ブランドの空き箱の場合、リサイクルショップが買うこともあると聞いたことがあります。リサイクルショップに持ち込まれるブランドのバッグには、箱がついていないこともありますよね。でもお店で販売するときには箱があった方が高く売れるから、わざわざ箱を買うことがあるそうです。

条件2:インテリアになる

例えば高級なお酒の空き箱です。空き瓶が取引されるのはよく聞くのですが、箱も取引されるのかとちょっとびっくりした記憶があります。メルカリで見てみると、山崎(ウイスキー)の空き箱が1個2,000円以上で取引されていました。

ウイスキー「山崎」の空き箱例
 

買う目的は、インテリアでしょう。お店に飾ったり個人が自宅に飾るのかもしれません。

条件3:レアなもの

昔のおもちゃの空き箱など、今では手に入らないものです。特にコレクターが付いているようなおもちゃの空き箱は取引される傾向にあります。例えばトミカシリーズや、食玩の空き箱などですね。

一般市場では売られていないので、個人が出品するフリマなどで探すことが多くなってきます。メルカリで見てみると、トミカの「キャデラック セビル」の空き箱が3980円で購入されていました。

「キャデラック セビル」のトミカ空き箱

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/