1993年、パリコレにモデルとして参加して以来、モデル活動に、執筆や講演活動にとフル回転。常に前向きかつフェアなメッセージと笑顔で、多くの人を元気づけているアン ミカさん。なぜアン ミカさんは、いつもポジティブに輝いているのでしょうか。アン ミカさんが今のアン ミカさんになった秘密を、「言葉」をキーワードにし、その言葉にまつわるエピソードをお聞きして紐解く本連載。読むだけで心がちょっとラクになる、ビタミンのようなメッセージを受け取ってください。

連載第3回では、アン ミカさんが15歳のときに天国に旅立ってしまったというお母様から受け取った言葉である“4つの魔法”についてお聞きします。中でも今回は4つの魔法の中でも「姿勢を良くすること」にフィーチャー。心に留めている31個の言葉をまとめた、『ポジティブ日めくりカレンダー 毎日アン ミカ』にも入っている言葉の背景とは。

上手に笑えなかった子ども時代

私は、今でこそポジティブさと明るい笑顔をトレードマークにしていますが、幼少期はコンプレックスだらけで、上手に笑うことすらできない子どもでした。そのためか当時の記憶はほとんどなく、ただ「恥ずかしかった」という感情だけが今も残っています。

我が家は兄、姉、私、妹、弟の5人きょうだい。私以外の4人は高身長で成長も早かったのに、私は小さく生まれたうえに誕生日が3月の終わり頃だったこともあり、皆に比べて小柄でした。しかもぽっちゃりしていて、身内が集まった時など、親せきから「あんただけ本当の子じゃないから仕方ない」「橋の下で拾われたんだよ」などとからかわれ、ひどく傷ついた覚えがあります。

その頃の我が家は、4畳の部屋に両親を含めた7人がひしめき合って暮らす極貧状態。実際に、川沿いの橋のたもとに住んでいたので、親せきの言葉にはリアリティがあったわけです。

家は二階建ての数軒が裏の階段でつながった、いわゆる昔の長屋スタイル。共通の中庭のようなスペースが、工場として使われていました。そこには段ボールの山があったのですが、ある日、私は階段からその山に落ち、口の中を切ってしまったのです。

笑うと唇がめくれて黒ずんだ傷が見え、近所の友達と遊んでいると「お化け」「口が黒くて怖い」と言われます。唇がめくれないように気をつけて笑うと引きつった妙な顔になり、ますます怖い。私は笑うことをやめ、いつもうつむいて過ごすようになりました。

「ママと一緒に、
美人になる魔法を実践しましょう!」

その頃、工場の手伝いをしていた母が得たのが、化粧品会社の美容部員の仕事です。母は販売だけでなく、花嫁さんにメイクをしたりマナー関連の講習を受けたりして、美容について学ぶようになりました。

ある時、帰宅した母が「ミカちゃん、大人になったら目鼻立ちがきれいな人じゃなく、一緒にいて心地良い人のことを美人と言うのよ。美人になるための魔法があるから、ママと一緒に実践しましょう!」と、私、姉、妹を招集。その日から私たち姉妹を生徒にした、母の“美のレッスン”がスタートしたのです。

母が言う魔法とは、「姿勢を良くする」「口角を上げて笑顔になる」「相手の目を見て話す」「人の話をちゃんと聞く」の4つ。彼女がこの知識をどこで身に着けたのかはわかりません。もちろん美容部員として講習を受けた際に教わったものがベースになっているのでしょうが、母自身のエッセンスも多分に入っていたように思います。

まず「姿勢を良くする」ですが、先ほど言いましたように、私には人と話す際に口元を見られるのが嫌でうつむいてしまう癖がありました。それを直そうとしてなのか、母は「人と話す際は、胸に目があると思って話すといいわよ」とアドバイスしてくれたのです。

なるほど、胸に目があるつもりで人と向き合うと、自然に胸を張って顔を上げる形になります。そうすることで相手には「あなたに心を向けていますよ」という印象を与えられる。しかも背中の肩甲骨がキュッと締まるので、猫背だった姿勢が整ううえに肩のラインも美しく見えて一石二鳥です。まだ「インナーマッスル」とか「体幹」などという言葉もない時代でしたが、まさに母はそのことを言っていたのですね。

子どもの嘘には厳しかった母

母からの「美のレッスン」は、私たちの成長とともにアップグレード。「床に落としたものを拾う際は、乱暴に前かがみになるのではなく、一度しゃがんでから拾うと上品よ」とか、「ティッシュなどを取る時は、手の指を“キツネの形”にして中指でつまむときれいに見える」など、徐々に大人向けの内容になっていきました。

撮影/大坪尚人

母は言葉をゆっくりと喋る人でしたが、それは頭の中で韓国語を日本語に変換するのに時間がかかったため。それでも父よりは流暢だった記憶があります。彼女は神奈川県川崎市生まれで、幼少期の頃に韓国の済州島に戻り、そこで育ちました。たぶん祖父母のどちらかは、多少日本語を話せたのではないかと思います。

普段優しい母が声を荒げるのは、宿題をやったと言いながら実はやっていなかったなど、私たちが嘘をついた時でした。なかでも厳しかったのは、「〇〇するから△△させて」と約束をしたのにも関わらず、義務を果たしていなかった時です。「目上の人をだまして甘えようとするなんて!」と、とても怒っていました。

あとは命に係わることにも厳しかった。ペットの犬を散歩に連れて行かなかった時は、ひどく怒られました。逆に、部屋を散らかしたまま片付けていないとか、そういうことは大丈夫。なぜなら母も掃除が苦手だったから(笑)。

聖書の「思い巡らせよ」という言葉

我が家は両親、祖父母ともに敬虔なキリスト教徒。毎週土曜日には土曜学校へ行き、日曜には教会へ行く。教会へ行けば無償でランチを食べられるから、という事情もありました。私たち子どもは夕方まで教会に預けられ、お菓子をもらって学童保育のような楽しい時間を過ごしていたのもいい思い出です。

その代わり聖書の勉強をする必要がありましたが、神父様のお話はとても面白い。時事ネタをもとに風刺的な説教をしてくださるのですが、その内容がクスッと笑えるものだったり、泣けるものだったりするのです。大人たちが感謝や感動の涙をこぼす姿は、子ども心にも感じ入るものがありました。

聖書の中に「思い巡らせよ」という言葉があります。自分の思い通りにならず言い訳をしたくなった時は、しばし自分の胸に手を当て、なぜ今のような状況になったのかを考えてみなさい、という意味です。父や母と信仰についてじっくり話したことはありませんが、両親がこの言葉を大切にしていたことは間違いありません。

両親がクリスチャンであったこと、優しくて信じられる大人に囲まれて育ったことは、私の人格形成に大きな影響を与えました。住んでいたコリアンタウンの人たちも、他人の子どもを我が子のように叱ってくれる温かさを持っていた。貧困ではありましたが、心豊かな人がたくさんいたのです。

衣装協力/ADORE  abiste 
スタイリング/加藤万紀子  ヘアメイク/ K.Furumoto【&’s management】
構成・文/上田恵子