2021.05.08
# エンタメ

夏目三久引退に対する「違和感」の正体…有吉弘行の言う「すれ違い」は本当に防げるのか?

先月23日に放送された「マツコ&有吉かりそめ天国 2時間スペシャル」は、有吉弘行・夏目三久夫妻が揃って出演したこともあり、高視聴率を叩き出した(平均世帯視聴率16・3%、個人視聴率9・5%、ビデオリサーチ調べ、関東地区)。番組内で有吉が「(夫婦の)すれ違いを潰す」と説明した夏目の引退も発表され話題を呼んだ。
多くの視聴者が絶賛した2人の選択だが、恋愛ジャーナリストのおおしまりえさんは違和感を覚えたという。その拭いきれない違和感の正体とはーー。

「“すれ違い”潰し」発言に覚えた違和感

4月1日にエイプリルフール婚をした、お笑い芸人の有吉弘行さん(46)と、フリーアナウンサーの夏目三久さん(36)。5年前からの噂が満を持して実ったわけですが、先日2人は出会いのキッカケとなった番組、「マツコ&有吉の怒り新党」の後番組「マツコ&有吉かりそめ天国 2時間スペシャル」に出演。今秋をもって夏目さんが芸能界を引退することが明らかとなりました。

Photo by Gettyimages
 

引退の理由は、

「表に出る仕事の緊張感とか重責とか少しは分かっているつもりなので、微力ながら(有吉の)少し安らげる場所を作れればいいのかなと」(夏目さん)
「離婚の理由って“すれ違い”か“価値観の違い”」「すれ違いだけ潰しとくか」(有吉さん)

多忙な2人の結婚生活の改善を目指し、事前に取れる対策を取ったということのようです。

この選択には2人の好感度も相まって、多くの絶賛の声が集まりました。当人たちが話し合って出した選択を、真っ向から批判するつもりはありません。

でも、このニュースを聞いた際、筆者にはどこかザラっとした言葉にならない違和感が残っていました。それは「本当に『すれ違い防止』のために取るべき行動は、妻の退職で良いのか」という疑問です。

関連記事

おすすめの記事