photo by gettyimages

狩野栄光が「エーペックス」に挑戦で、再び「笑いの神」が降りてきた…!?

Twitterではトレンド入り

「あっという間に死んだぞ…」

人気オンラインゲーム『Apex Legends』シーズン9が5月5日より開幕し、プレーヤーの話題をさらっている。

速水もこみちや関口メンディーなど、少し意外な顔ぶれの芸能人も、大会の配信などでプレイを披露しているエーペックス。特に日本での人気はとどまることを知らないが、ここに「参戦」した芸人がいる。

そう、『バイオハザード』などゲーム配信で話題の、狩野英孝だ。

photo by gettyimages
 

狩野は5月2日、自身のツイッターに〈初めてエーペックスやってみたけど、どういう事だ??穴に落ちて、あっという間に死んだぞ‥〉と投稿。

その後4日にも、〈ねぇ待って。 明日の予習としてエーペックス難しすぎて着いていけない‥〉とツイッターでつぶやいた。6日21時から予定している生配信に備えて「コソ練」に挑んだようだ。

スポーツ性の高いシューティングゲームだけに、初心者にはかなり難易度の高いエーペックス。案の定、狩野も苦戦するわけだが、「笑いの神に愛されている」男のプレイは一味違ったようだ。

味方を乗せて移動する乗り物(トライデント)でステージ外に落ち、放心状態になったり、武器の弓(ボセックボウ)を、敵と誤って味方に乱射。「弓道部なめんな!」と言いながらも、敵には1ダメージも通っていない…など、SNSでは「エーペックスやってないのに笑っちゃう」「ずっと見てられる」との声が相次いでいる。

『バイオハザード』『デッドバイデイライト』などにとどまらず、超人気FPSでも話題をさらった狩野。「どこか憎めない男」のポテンシャルは計り知れない。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/