「ペット禁止」マンションを買った「動物アレルギーの男」に起きたヤバすぎる悲劇

きっかけはある住民だった…
日下部 理絵 プロフィール

飼いたいと答えた人のほうが多数に…

アンケートには、「ペットを飼いたいという意見が寄せられています。もしペット飼育可になったら飼いたいですか」などの質問があった。

選択肢には、「今すぐにでも飼いたい」「近い将来飼いたい」「いずれ飼いたい」「飼うつもりはない」「飼育禁止が望ましい」「どちらでもいい」などが並んだ。
吉田さんはもちろん、飼育禁止が望ましい、のところにチェックし、意見欄にペットアレルギーがある旨を記入した。

後日、アンケートの集計結果がまたポストに投函された。愕然とした。

無回答者もいるものの所有者だけで「今すぐにでも飼いたい」「近い将来飼いたい」「いずれ飼いたい」などの合計で70%を超える賛同が得られたという。

「飼うつもりはない」にチェックした人も、ペット飼育細則などのルールがしっかりしているのなら、ペットとの共存は賛同する方が多かったという。

 

さらに、賃貸に出している外部所有者からは、賃貸に出す際にペット禁止だと借主が決まりにくいので賛成との意見もあったという。

この結果を受けマンションでは、長年のペット禁止から飼育可になるよう、調整が進んでいるという。いまは理事会で、規約の条文と飼育細則案を作成中だ。その後、説明会を得て、総会の議題として提案され、特別決議として承認されれば、晴れてこのマンションはペット飼育可となる。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/