「ペット禁止」マンションを買った「動物アレルギーの男」に起きたヤバすぎる悲劇

きっかけはある住民だった…
日下部 理絵 プロフィール

「ペット容認」の意見もちらほらと…

しかし、本当の悲劇はここからである。

理事会でおばあさんの子犬について検討をしている際に、理事の一人から、「今どきペット禁止なんて逆に珍しいのではないか。もし飼えるなら俺も飼いたい」という意見が上がったという。

賛同する理事がいる一方で、ほかの理事からは「新築時からずっとペット禁止で、それがこのマンションの良さなのでは。そもそもルールなんて変えられるの?」という意見も出たという。

 

すかさず、管理会社のフロント担当者から「組合員総数と議決権総数の各4分の3以上の賛同があれば、管理規約を改正してペット飼育可にできます」との説明が入る。

「へぇ~変えられるの。でも4分の3以上ってざっくり75%以上ってことでしょう。さすがにそこまでの賛同は得られないんじゃない」(理事)

他の理事からも、「確かにな。でも俺らだけで決められないよな」という声が。

すると管理会社の担当者から、「公平を期すため、ペット飼育についてアンケートをとってみてはいかがでしょうか?」との提案があった。

最終的に「ほかの所有者や居住者はどう思っているか、アンケートをとってみよう」という、のが理事会の結論であった。それが先日、ポストに投函されていたペット飼育に関するアンケートだ。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/