「ペット禁止」マンションを買った「動物アレルギーの男」に起きたヤバすぎる悲劇

きっかけはある住民だった…

マンションの三大トラブルのひとつ

日本で分譲マンションに住む人は約1,550万人。国民の8人に1人がマンションで暮らしている計算だ。

いまだにマンションは、めんどうな近所付き合いをしなくて済むと思っている人が多い。たしかに積極的な交流を図るマンションは少ないかもしれないが、実際は複雑な人間模様を垣間見るケースが少なくない。

photo by istock
 

ましてや在宅時間が増えているこのご時世。マンションの「三大トラブル」とも言われる、「駐車場(駐輪場)・ペット・騒音」の問題は頻発している。

都内の中高層マンションに済む吉田俊介さん(仮名、34歳)さんは、重度のペットアレルギーだ。特に犬がダメで、飼うのはもってのほか、飼っている友人の家に遊びに行くのもままならないほどである。

ところが近年では、ペット飼育可のマンションが増えている。世の中的にはいい傾向なのかもしれないが、吉田さんは逆に購入できる物件の選択肢が少なく、悩んでいた。

そんなときに、やや築古ではあるが「ペット禁止」のフルリノベーション済みのマンションを見つけ購入した。

購入時には、不動産屋さん経由でマンションの管理規約を取り寄せて、「ペット飼育可」マンションでみられる「ペット飼育細則」などはなく、規約にペット飼育禁止の条文があるのを、確認するほど念には念を入れた。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/