地域住民がここまで口出しする「深い理由」

それにしても、なぜここまで地域の住民の意見が支配的なのか。ここに、知られざる京都の魅力がある。京都の小学校は、その成り立ちが他の都市とは大きく違う。明治政府より先に、行政に頼ることなく、町衆がお金を出して作ったという自負があるのだ。地元でお金を用意してから、行政を動かすと言う方が正しいかもしれない。キーワードは「かまど金」だ。

講堂を再活用したメインギャラリー「マンガの殿堂」。奥には小学校時代に使われていたであろうステージも。 写真提供/京都国際マンガミュージアム

明治初期、天皇が東京へ移られた。荒廃した京都では、危機感を抱いた人々が新しい産業の振興と人材育成を真剣に考えた。京都の将来を担う子どもたちのために、地域住民の手で小学校を作ろうというのだ。他方、地元行政は中心部を長方形に区切って「番組」と名付け、各々小学校を置こうとした。結果、町衆の寄付で64の「番組小学校」が誕生している。国の学校制度が創設される2年も前に、である。人こそ財産と気づいた京都の人々が、次世代の育成にいかに熱心だったか。盲目的に「お上」に頼らない京都人気質がここからも窺える。龍池小学校(上京第25番組小学校)の場合、小学校の土地も、山科の別荘(林間学校用)も地元の豪商が提供している。

-AD-

運営費も「かまど金」で賄った。子どもの有無にかかわらず、全員が寄付をするのが原則である。その金額は、かまどの大きさに従う。だから「かまど金」。豊かな人ほど多額を提供し、貧しい人も少額でいいから寄付金を出して、わが子のために寺子屋を作ろう。金もだすが口も出す。小学校跡地の活用に限らず、そうした伝統は、いまでも京都に根付いている。