近藤真彦、ジャニーズ事務所電撃退所の「裏事情」

不倫報道から半年、一体何が…
芋澤 貞雄 プロフィール

レースだけでも自粛解除を…

改めて近藤の周辺を取材してみると、活動自粛期間を巡って本人と事務所との間で複数回に渡って話し合いの場が設けられていたことが判明した。

この話し合いは近藤の方から事務所に持ち掛けられたものだったという。

ここで近藤が主張したのは「活動自粛を発表してから既に半年近くが経過している。禊は十分に果たしている。もうそろそろ自粛を解除してもいいのでは」という申し出だった。

この突然の申し出に、事務所に近い関係者は「彼は、おとなしくしているのは半年と勝手に考えていたのでしょう。レース・シーズンが始まる5月を前に、居ても立っても居られなくて活動再開を申し入れたのでは」と、その身勝手で軽率とも思える胸の内を暴露する。

 

この関係者の証言を裏付けるかのように、自粛解除に首を縦に振らない事務所幹部に対して「タレント活動はともかく、レースだけでも自粛を解除してくれないか」とすがってみせたとも。

この近藤の「タレント活動はともかく……」の発言に敏感に反応したのが事務所幹部だ。

近藤は1980年12月に『スニーカーぶる~す』でデビューしているのだが、その節目を迎えたのが昨年だった。

デビュー40周年を記念してテレビやステージ、これまでの映像や音源のスペシャル企画等、様々な仕掛けが準備されていたという。

それが不倫スキャンダルが原因で無期限延期の状態になっている。

事務所としては「活動自粛が解除されたら、改めてデビュー40周年を祝おう」と考えていたようだ。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/