文在寅はもう追い詰められた photo/gettyimages

文在寅が“万事休す”へ…党内から“ブーイング続出”で、側近からも「見捨て」られた文政権の末路

文在寅「離れ」が加速してきた

韓国の文在寅大統領の支持率がついに20%台にまで下落した。

中央日報によれば、政治コンサルティング「ミン」のパク・ソンミン代表は「20%台の大統領支持率は民主党が政権再創出をするのに負担になる数値」であり「党が大統領と距離を置き始めながらレームダック化が現れるだろう」と予測したという。

これまで文在寅政権はその団結力の強さから、過去の政権のようにレームダックにはならないだろうと見られていた。確かに現在までのところ政府与党には大統領に公然と反旗を翻す動きは見られない。しかし最近、文在寅氏離れの兆候も一部に表れてきた。

今後文政権はどのような運命をたどるのだろうか。国民世論の文氏離れの実態、文在寅氏の政権立て直しの動き、政権内の団結の乱れについて最新動向を見ていこう。

文在寅のレームダック化が鮮明になってきた photo/gettyimages
 

文在寅政権は「素人集団」

文在寅政権は政治、経済、文化活動の経験の少ない市民活動家を中核とする政権であり、その政策は理念的で現実離れしたものが多い。そうした人々は、これまで韓国社会の非主流派であっただけに、政権を獲得した後、文在寅氏を取り巻き固く結束してきた。そして文在寅氏を批判する者に対しては徹底した反撃を加えた。

文在寅政権は素人集団だと良くいわれる。同政権は最低賃金の急激な引き上げによる雇用の喪失、不動産をめぐる規制強化失敗による急激な価格高騰、国民の間の対立の拡大など国内政策ではことごとく失敗し、国民生活は一層困難になり、若者は将来への夢と希望を失った。

対北朝鮮政策でも金正恩氏の核ミサイル開発の意図を過小評価し、韓国の国防力を弱める愚策を取りながらも金正恩氏に相手にされていない。外交面では米中の二股外交で双方の信頼を失い、日本とは対話もできない状況となっている。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/