photo by istock

日本は本当にコロナ封じ込め「失敗国」なのか?データから「客観的事実」をお伝えしよう

日本は病床数も多いはずなのに…

連日ワイドショーで、新型コロナの話題が尽きない。それだけみていると、テレビの放送では、世界の中で日本のポジションを見ることはないので、まるで日本は失敗例のように見える。

そこで、本稿では、データに基づきながら、世界の中の日本を見てみよう。

まず、日本の新型コロナ患者は急増して、医療崩壊が起こるとマスコミは煽る。

たしかに、日本の新型コロナ患者は増えているが、世界と比べると、「さざ波」レベルだ。

 

しかも、日本の病床数は世界トップクラスだ。


 
それでも、医療崩壊するかもしれない状況だという。

データから見るとそれも一理ある。

 

患者数は世界でも少ないほうで、病床数は多いのはなぜか。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/