〔PHOTO〕Gettyimages

文在寅の大誤算…バイデン政権の「ひと押し」で、韓国経済がいよいよ大ピンチに…!

政策がリスクに…

4月29日、韓国最大手のサムスン電子が1~3月期の決算を発表した。

それによると、足元の同社の業績は好調だ。

事業別の業績を詳しく見ると、スマートフォン事業が増収増益となり、テキサス州での停電による半導体事業の不振を補った。

4~6月期にテキサス州オースティン工場の操業は正常化する予定であり、短期的に業績拡大のモメンタムは維持されるだろう。

ただし、中長期的なサムスン電子の収益力がどう変化するかに関しては見通しづらい部分がある。

〔PHOTO〕Gettyimages
 

そう考える要因として、スマートフォン事業では中国企業が急速にシェアを拡大し、サムスン電子を追い上げていることがある。

半導体分野の競争はさらに厳しい。

その背景には、中国政府が国有・国営企業などへの補助金や土地提供によって価格競争の向上を支援していることなどが影響している。

中国の台頭を阻止するために、米国は経済運営の方針を修正し始めた(ゲームチェンジ)。

つまり、IT先端分野を中心に主要国の産業政策は強化され、政府の取り組みが企業の競争力により大きな影響を与え始めている。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は半導体企業に連携を呼び掛けてはいるものの、企業の競争力向上に資する政策を立案し、実施するには至っていない。

文氏の政策スタンスは韓国企業と経済全体にとって無視できないリスク要因といえる。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事