「JAPAN’S AUTHENTIC LUXURY」の略語となる造語「JAXURY」とは、『日本が誇るほんもの』を意味します。そんな“ほんもの”を見極めるための新たなる指針に基づいて、JAXURY委員会がファッション、美容、宿泊、飲料、茶菓子、器・道具、インテリア、ライフスタイル……オールジャンルから選定した「JAXURY アワード」を開催。

いま私たちにとってのJAXURYなブランドの素晴らしさを知る喜びは、本当に送りたい毎日を、生活を、人生を、あたらめて発見する喜びにもきっとつながるはず。

今回は、日本が世界に誇るフルーツとチョコレート、そして茶菓子をご紹介します。

●JAXURY委員会のメンバー
小山薫堂さん(放送作家、脚本家、ラジオパーソナリティ)、前野隆司さん(慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科教授)、重松理さん(ユナイテッドアローズ名誉会長)、奈良宗久さん(裏千家今日庵業躰)、齋藤薫さん(美容ジャーナリスト、エッセイスト)、森岡弘さん(ファッションディレクター、スタイリスト)、隅谷彰宏さん(テイラーアンドクロース株式会社 代表取締役)、川合寛妥さん(株式会社赤坂柿山 代表取締役社長)、吉岡久美子(講談社 FRaU JAXURY号編集責任)

日本橋 千疋屋総本店
マスクメロンシャーベット

贅沢に1玉丸ごと分の果肉が
詰まった夢のスイーツ

風格あるたたずまいは、フルーツを使ったスイーツの王様。マスクメロンシャーベット¥16200/日本橋 千疋屋総本店(☎03-3241-0877)

千疋屋総本店は天保5年(1834)に産声を上げた。創業者、大島弁蔵が現在の埼玉・越谷あたりにあった千疋村で採れた桃、スイカなどを舟で江戸に運び、販売したのが始まり。顧客には西郷隆盛など、時代の寵児がずらり。大正時代に日本初のイチゴ品種である、福羽いちごを栽培。昭和初期にはまだ珍しかったフルーツパーラーをオープンさせるなど、高級フルーツを世に広めてきた功績がある。

そんなブランドの代名詞、マスクメロンを丸ごとくり抜いて仕上げた氷菓子が、このマスクメロンシャーベットだ。熟練のパティシエが丹精込めて手作りする「信頼」を体現するような一品は、口に運べば華やかな果実味が炸裂!

-AD-

ポアール・デ・ロワ
フルーツソルベ

一番美しい瞬間に時を止めたような
色、ツヤ、形、風味が衝撃的

このほか大崎上島瀬戸内レモンなども。季節で変わるアイテムもチェックしたい。ポンム¥6480/ポアール・デ・ロワ(☎090-7492-0505)

大阪・帝塚山のパティスリー、ポアールの姉妹ブランド。「アイスクリームは自然食」という哲学のもと、厳選した果物からグラシエ(アイス専門職人)が仕上げるフルーツソルベが人気だ。青森の特定農家から直送された赤く大きなリンゴ、陸奥を使ったポンムをはじめ、華やかで驚きがあるビジュアルは「幸運・僥倖」。

10“TEN”
みかんの加工品

日本の柑橘、みかんの魅力を
多面的に引き出す品揃え

みかんジュース 720ml ¥1950~、ドライフルーツ 輪切り(皮なし)25g ¥540などを揃える。10FACTORY 松山本店(☎089-968-2031)

日本有数のみかん産地、愛媛のブランド。八幡浜産温州みかんのジュースやドライフルーツ、ゼリーやジャム、紅茶など「多様な商品を作ることにより、みかんそのものの価値を向上させています」(裏千家業躰 奈良宗久さん)。誰からも親しまれる食材に手をかけて「日常的な上質さ」をもつ商品へと高めた、みかん愛が評価された。

ル ショコラ ドゥ アッシュ
コフレ ドゥ ショコラ

カカオの限りない可能性を求め
ショコラで日本から世界を目指す

端正な風情の、コフレ ドゥ ショコラ 8粒入り ¥2780/ルショコラ ドゥ アッシュ 銀座本店(☎03-6264-6838)

2021年、埼玉県吉川美南に大規模なビーントゥバーのラボを作るなど、ショコラティエ、辻口博啓さんの情熱はとどまるところを知らない。シングルオリジン(単一畑)のカカオを用い、和素材や発酵をテーマにバラエティに富んだショコラは、カカオの深い風味や独自の味と見た目の「美」により、多くの人を魅了している。

-AD-

メゾンカカオ
生ガトーショコラ

天皇即位の礼の機内手土産にも選ばれた
小麦粉不使用のリッチなテイスト

温めれば、とろりとフォンダンショコラのように。冷やせばテリーヌとしていただける。1日数量限定販売。生ガトーショコラ ¥2500/メゾンカカオ(☎0467-50-0611)

カカオ分61%のコロンビア産チョコレートをふんだんに使い、卵、バターのみでシンプルに焼き上げた一品。コロンビアで働く人々の子どもたちのために学校を作る「利他」、厳選した素材を用いる「信頼」が受賞の決め手。「味わえばわかるカカオの上質さから、あくなきこだわりが感じられます」(裏千家業躰 奈良宗久さん)

ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ
キャビア

キュートなパッケージも喜ばれる
おいしくて楽しいチョコレート

思わず笑顔になるお茶目なコンセプト。右からキャビア ミルク、キャビア ブラウン 各¥1790/テオブロマ(☎03-5790-2181)

オーナーシェフ、土屋公二さんは世界のカカオ産地を巡って最上の素材を求めようとする探究心とともに、被災地の応援にも駆けつけるなど「利他」精神を持ち合わせる人物。「土屋さんは日本のショコラティエの先駆け的存在でもあり、その商品は『日常的な上質さ』にあふれています」(裏千家業躰 奈良宗久さん)。