コンロ下:フライパン・鍋は立てて収納

コンロ下でかさばってしまうのが、フライパンや鍋などの調理器具たち。この問題をいとも簡単に解決してくれるアイテムが「フライパンスタンド」です。筆者もこのアイテムに出会ってから、キッチンで感じるストレスが格段に減りました!

おすすめは、しっかりホールドしてくれて幅も調整できる、山崎実業のスタンド〔PHOTO〕筆者提供

フライパンスタンドにはさまざまなアイテムがありますが、安いものだと安定感が悪いので、ここは課金すべきところ。筆者は、山崎実業の「シンク下伸縮鍋蓋&フライパンスタンド タワー」(税込み 3,850円)を使用しています。手持ちの鍋やフライパンに合わせて幅を自由に調整できるので、ベストな位置での収納が叶いますよ。

調理台下:高さのあるものをファイルボックスに収納

筆者の自宅のキッチンの中で、いちばん高さがある収納スペースが調理台下です。なので、ここには背の高い調味料やキッチントレー、ランチョンマット、洗剤類を収納。収納する際のポイントは、アイテムごとにグルーピングしてあげること。同じ仲間ごとに班をつくって、ひとつの空間に入れてあげるイメージです。使用したのは、ニトリの「A4ファイルケース Nオール レギュラー」(税込み ¥399)

ファイルボックスの中で立てて収納するのがポイント〔PHOTO〕筆者提供

ニトリA4ファイルケース Nオール レギュラーひとつにつき、一般的な調味料の瓶は約4本収納できます。