哲学者が考える「独学」を効果的に実践するための“メタ方法論”

独学者のための「知性の取扱説明書」
山野 弘樹 プロフィール

「知識」とは何か?――ショーペンハウアーから考える

そもそも、「知識」とは何でしょうか? 

私たちは独学を行うときに、いったい何を習得すべきなのでしょうか?

この問題について、私たちはドイツの哲学者アルトゥール・ショーペンハウアーの著作『読書について』の議論を手がかりに考えていきたいと思います。

ショーペンハウアーは、『読書について』の中で次のように述べています。

「読書は、他人にものを考えてもらうことである。本を読む我々は、他人の考えた過程を反復的にたどるにすぎない」(127頁)(※すべて岩波文庫版から引用)

ここでショーペンハウアーは、明確に「読書」と「思索」を分けています。

〈私たちは読書をするとき、自らの頭で物事を考えているわけではない〉というのが、ショーペンハウアーが指摘していることです。

だからこそ、「ほとんどまる一日を多読に費やす勤勉な人間は、しだいに自分でものを考える力を失っていく」(128頁)とまで彼は述べます。

ショーペンハウアーにとって、私たちが読んでいる本(ないしテクスト)は、「足跡」(129頁)でしかありません。この「足跡」という比喩を手がかりに考えるならば、自分の頭で考える(思索)という行為は、まさに「実際に走ること」に他ならないのです。

「足跡」に沿って歩いてみたとしても、私たちは実際に走ったことにはなりません。

ですが、先人の「足跡」を全く顧みないままに走り出しても、私たちは道なき道を前に途方に暮れてしまうでしょう。

したがって、思索という名のトレーニングを有効的に続けるためには、〈「足跡(テクスト)」と共に、一緒に走る(思索する)こと〉が必要なのです。(もちろん、その過程のどこかで、先人とは別のコースを走り始めることになると思われます。それこそが「足跡」の分かれ道、すなわち別の本が書かれるべきタイミングです。)

photo by iStock

このように考えてみると、私たちが通常「知識」と呼ぶ「本に書かれている内容」は、ショーペンハウアー的に言えば「足跡」でしかありません。(今皆さまが読まれている私の文章も、私の思考プロセスから生み出された「足跡」、言い換えれば痕跡なのです。)

そして当然、走り方(考え方)を変えたなら、それによって生み出される足跡(知識)もまた変容します。ですので、知識とは固定的なものではなく、思索のプロセスによってその姿を大きく変える流動的な存在なのです(辞書や教科書でさえ、アカデミズムの最前線に立つ研究者たちによって常に書き直され続けているという事実が、そのことを例証しているでしょう)。

ショーペンハウアー的に考えるならば、〈「知識」を収集することが本質的なのではなく、そうした「知識」を生み出す「思索」を自ら行うことこそが人間の知性にとって最も本質的である〉という主張を、私たちは導き出すことができます。

そして、こうした考え方を取り入れてみると、冒頭の2つの問題提起に対して、次のような回答を行うことができるでしょう。

そもそも、「知識」とは何であるのか。

――知識とは、かつての思考プロセスの痕跡である。

そして、私たちが独学を行う際に習得すべきものとは、何であるのか。

――それは、単なる痕跡としての知識ではなく、実際に思考するという体験そのものである。

このように考えてみることで、「とにかくできるだけ多くの知識をインプットすることが大事なんだ」みたいな「独学」のイメージは、払拭されるように思います。大切なのは、実際に思索する(走る)という体験そのものなのです。

……ですが、実際のところ思索とは、どのように行うものなのでしょうか?

言い換えれば、私たちはどのような「走り方」=「考え方」をすればよいのでしょうか?

こうした問題について考えるために、私たちは自らの頭で思索するための方法論を検討していきたいと思います。

関連記事