Photo by iStock

新規事業に「論理的で正しい経営計画」はいらない、まず顧客にぶつけよ

強い事業には爆発力がある
コロナ禍で社会が変わり、新規事業がたくさん生まれている。スタートアップにチャンスが巡ってきただけでなく、本業消滅の危機に直面した大企業は新規事業へのシフトに必死だ。しかし、それらを成功させるのは今も昔も容易ではない。新規事業を成功させるのに本当に大事なことは何なのか。最もくわしいのは連続起業家(シリアル・アントレプレナー)と呼ばれる実業家たちだ。中でも守屋実氏は30年間で52もの新規事業立ち上げにかかわり、成功も失敗も数多く経験してきた。それらリアル過ぎる経験を盛り込んだ新刊『起業は意志が10割』から「起業に大事な9つのポイント」を9回にわたってお届けしたい。新規事業に限らず、これらはプロダクトをヒットさせるヒントでもあり、チームリーダーやPMをサポートする人にとっての心得でもある。

9つのポイント7 一筆書きの高速回転

前回の6つ目までで、「イシ・コト・ヒト・カネ」を説明した。「起業に大事な9つのポイント」7つ目は、個別の要素ではなく、全体の考え方と動き方である「一筆書きの高速回転」についてお伝えする。この項目で大切なことは、2つある。1つ目は、「一筆書き」の部分。ビジネスモデルを自分の頭の中でとどめておくのではなくアウトプットせよということだ。そして2つ目は、「高速回転」の部分。そのビジネスモデルを「桁違いに」「一筆書きで」更新しまくれということだ。

1つ目の「一筆書き」について話をしよう。

起業すると、自らの考えを人に披露する場が、おのずと訪れる。仲間に共感してもらうためには、自らの考えをわかりやすく表現して伝えなければいけない。ましてや、投資をしてもらおうと思うなら、自社のビジネスモデルの優れている点や、数値的な見込み、立ち上げる仲間の素晴らしさ、タイミングの必然性、競合との違いなど、さまざまな観点から語る必要がある。もちろん、そういった外向きの意味だけでなく、自分の頭の中を整理する意味でもこうした場は重要だ。

だから世の中には、「ビジネスモデルのフォーマット」のようなものがたくさん出ている。どれが正解でどれが不正解ということはなくて、そのどれもが、作成者の経験や研究から導き出された素晴らしいものなのだと思う。だから、あなた自身にとってしっくりくる何かを使えばいい。

 

ただ、ここでは事業を考える時の僕の頭の中を開示するという意味でも、使用しているフレームを紹介したい。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/