Photo by iStock

仲間がいなくても、資金がゼロでも、起業を諦めてはいけない

第一に「意志」。カネや人じゃない
コロナ禍で社会が変わり、新規事業がたくさん生まれている。スタートアップにチャンスが巡ってきただけでなく、本業消滅の危機に直面した大企業は新規事業へのシフトに必死だ。しかし、それらを成功させるのは今も昔も容易ではない。新規事業を成功させるのに本当に大事なことは何なのか。最もくわしいのは連続起業家(シリアル・アントレプレナー)と呼ばれる実業家たちだ。中でも守屋実氏は30年間で52もの新規事業立ち上げにかかわり、成功も失敗も数多く経験してきた。それらリアル過ぎる経験を盛り込んだ新刊『起業は意志が10割』から「起業に大事な9つのポイント」を9回にわたってお届けしたい。新規事業に限らず、これらはプロダクトをヒットさせるヒントでもあり、チームリーダーやPMをサポートする人にとっての心得でもある。

9つのポイント3 イシ・コト・ヒト・カネ

「起業に大事な9つのポイント」で3つ目に挙げたいのが、「イシ・コト・ヒト・カネ」である。9つのポイントのうち、もっとも意味不明な言葉だとも思うので、さっそく説明したい。

「イシ」は、すでに説明している「自らの意志」である。これがなければ始まらない。挑戦したいというあなたの熱量が原動力だからだ。では、「コト・ヒト・カネ」とは何か。

起業するには、「ヒト・モノ・カネ」が必要だとよくいわれる。確かに、その通りだ。ただ、「ヒト・モノ・カネ」は、僕にとってはシックリこない。昔はモノを持っている人が強かった。しかし、今はモノが余っている。だからモノではなく、むしろコト(事業の構想)を持っているほうが重要なのである。そうした考えから、「コト(事業の構想)、ヒト(仲間)、カネ(資金)」という言葉を選んでいる。

これらを合わせた言葉が、「イシ・コト・ヒト・カネ」だ。

 

ちなみに、これらのリソースは、一度に大量に備える必要はない。必要となる順番や必要の度合いは、時間とともに変化するものだし、その変化に応じたロジスティック、つまり適切な補充や配分こそが大事なのである。そして、意外に感じるかもしれないが、そのロジスティックはどの事業においてもほぼ共通し、次の5つのステップで重要度が変化していく。

では、企業の成長段階に応じて必要となる「イシ・コト・ヒト・カネ」を5つのステップで紹介していく。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/