Image by iStock

コロナ直撃、日テレ『イッテQ!』が大ピンチ…マンネリ化で飽きられていた

大幅リニューアルがあるかも

『ポツンと一軒家』に完敗

新年度早々に日テレの上層部が頭を抱えている。

長年にわたって視聴率三冠王を支えてきた看板番組『世界の果てまでイッテQ!』(日曜日、19時58分〜)の視聴率が、同時間帯のライバル番組『ポツンと一軒家』(テレ朝系)に完敗し続けているという。

『世界の果てまでイッテQ!』の公式webサイトより
 

「これまでは、世帯視聴率で負けても、局やスポンサーが重視する個人視聴率では勝ち続けていたんです。だが新年度に入り、4月4日、18日の放送では世帯と個人ともに『ポツ一』の視聴率を下回った。この事態を重く受け止めた局は、編成幹部や営業幹部を交えた対策会議を開催することを決めました」(番組制作会社幹部)

なぜ、『イッテQ』の視聴率が下がってしまったのか。局内ではこんな意見が上がっている。

編集部からのお知らせ!

関連記事