菅総理のアメリカ訪問のウラで、河野太郎に「急接近」する中国駐日大使の思惑

これは何かの当てつけか…?

「未来の総理」と持ち上げて

菅義偉総理が就任後初の訪米で、ワシントンDCへ降り立ったちょうどその頃。東京・元麻布の中国大使館に、朝日、読売をはじめ大手新聞6紙と、通信社の論説主幹や解説・論説委員長が集結した。

「中国駐日大使の孔鉉佑氏が昼食会を開いたのです。16日の菅総理訪米にぶつけるとは露骨ですが、いい取材の機会でもあるから、各社は招待に応じました」(全国紙政治部デスク)

Photo by gettyimages
 

会合では、大使館付きの一流シェフが焼き上げたステーキが供された。話題は当然、日米首脳会談に向かう。翌日に発表される予定の共同声明に、中国批判が盛り込まれることが既定路線とみられていたためだ。

だが孔大使は、会談については「危機感を持って注視しています」と多くを語ろうとしない。さらにウイグルの人種問題に話が及ぶと、「フェイクニュースだ」と不機嫌そうに切り捨てた。

その一方、流暢な日本語で滔々と語ったのは、ある政治家との関係だったという。

編集部からのお知らせ!

関連記事