気づいていますか? 現在の格差が「世界恐慌なみ」だということに

【特別鼎談】宮台真司×白井聡×斎藤幸平
宮台 真司, 白井 聡, 斎藤 幸平 プロフィール

宮台 思い出したいのは、18世紀後半、自由主義経済思想の祖アダム・スミスが「市場の見えざる手は人々に共感能力がある限りにおいて機能する」つまり「思いやりがなければ自由市場は破綻する」と説いたことです。彼が生きたのはイギリスで産業革命が始まって大量の貧しい労働者が生まれた時期。資本主義の暴走を止めるのは「感情」だということに、いち早く気づいていたのです。

今まさに人々の共感能力が劣化し、過酷な格差が生まれています。全てを市場化すれば人々の感情は劣化して当然です。その当然の事態が起こっているのだと弁えるべきです。

 

「上級」「下級」と自己責任の意識

白井 最近、大学で学生と接していて驚くのが、社会に対する問題意識があまりに希薄なことです。

たとえば、世の中にはブラック企業と呼ばれる会社があって、これは資本主義社会の生み出した矛盾の一例だ、というような話をしますよね。しかし講義のあとで感想を書かせると、「ブラック企業に入らないように気をつけようと思いました」とだけ書いてある。やむを得ない事情からブラック企業で働かざるを得なくなるとか、最初はまともな会社だったのに徐々におかしくなっていくとか、そういう可能性に想像が及ばないらしいのです。

宮台 成功も失敗も「それを選んだ自分が悪い」と個人の選択に帰せられる社会を「心理学化する社会」と呼びます。まさに象徴的なエピソードですね。

白井 「誰かが困っている背景には大きな問題が潜んでいるかもしれないから、それを解決しよう」という意識は社会の根幹にあるべきだと思いますが、そのためのベースになる共感や同胞意識が近年、目に見えて破壊されていると感じます。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/