Photo by iStock

「平成の大エース」から“一人一殺”の“仕事人”まで【プロ野球 球団別・サイドスロー列伝】

セ・リーグ編

エースと言えば「オーバースローの速球派」のイメージが強いが、プロ野球の歴史上にはサイドスローの好投手たちも存在する。主軸、個性派、あるいはスペシャリストとして野球史に華を添えてきた。

そこで各球団でインパクトを残したサイドスローの名手たちを1人ずつ紹介していく(なるべく馴染みのある投手たちを優先するため基本的に1980年代以降に活躍した選手を対象とする)。今回はセ・リーグ編だ。

photo by iStock
 

「読売ジャイアンツ」 斎藤雅樹

サイドスローの大投手を一人挙げろと言われれば、多くの野球ファンが斎藤の名を口にするのではないだろうか。それくらい全盛期の存在感は圧倒的だった。

もっとも、斎藤がサイドスローのエースとして覚醒するまでは紆余曲折があった。1982年のドラフト1位で入団した当時は、抜群の野球センスから内野手転向も取りざたされたという。

最終的には藤田元司監督の判断でオーバースローからサイドスローに変更したうえで投手として育成するという結論に至ったわけだが、ひとつ違えば後の大エースは生まれなかったのだから、監督やコーチの決断は重いものだとあらためて痛感する。

ともあれ、85年には12勝8敗、防御率2.96の活躍を見せた斎藤だが、86年から88年の3年間はブルペンに回されることもあるなど合計13勝(87年は6試合の登板で0勝)と伸び悩む。しかし89年に監督に復帰した藤田が先発ローテーションで起用し続けたことで覚醒。11試合連続完投勝利(3連続完封を含む)の日本記録を達成するなど、20勝7敗、防御率1.62で最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲得し、ベストナインと沢村賞にも選出された。

翌90年も2年連続となる20勝を挙げた斎藤は、再び最多勝と最優秀防御率、ベストナインのタイトルを獲得。以降も槙原寛己、桑田真澄とともに巨人の三本柱として長くチームを支えた。通算180勝、沢村賞3回、113完投、40完封は「平成の大エース」と呼ぶにふさわしい。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/