心理カウンセラーとして数多くの家族問題の相談を受ける山脇由貴子さんのもとに訪れた、ある女性の相談。彼女は高学歴・高収入のイケメン夫を持ち、理想の結婚をしたかのように見えたが、実はその夫が複数の女性と「お金を払って」飲みに行っていることが発覚したという――。

急増している「ギャラ飲み」の相談

カウンセリングにいらした女性の悩みは、夫の浮気でした。

夫 酒井 光弘(仮名) 42歳 外資系金融
妻    隆子(仮名) 44歳 専業主婦
     息子     12歳
     娘       9歳

「特定の相手との不倫が続いていた、というのではないのですが……ギャラ飲みというのをしていたんです」

知らない方もいるかもしれませんが、ギャラ飲み、というのは、キャバクラやクラブなどのお店で働く女性ではなく、一般の女性とお酒を飲みに行き、相手にお金を払う、というものです。「夫がギャラ飲みをしている」というのは最近増えている相談です。

「それも何度もしていたんです。お酒を飲みに行っただけ、ということもあるとは言っていますが、関係を持ったことがあるのも間違いないんです」。妻が夫の浮気に気づいた理由の多くがそうであるように、隆子も光弘の携帯を見たのだそうです。

Photo by iStock
-AD-

「何か、気づいたことがあって、携帯を見たんですか?」と私が尋ねると、隆子は答えました。

「今までも、夫の携帯は見たことがなかったわけではありませんけど、探るようなことはしていませんでした。でも、何か夫の様子がおかしいなって感じることがあって。緊急事態宣言は明けてはいましたが、まだ自粛ムードは続いるのに、夫は毎晩とは言いませんが、週に何回かは飲みに行っていて。緊急事態宣言中に、『これからは接待も減るだろうな』って言っていたのに、おかしいなって思って。それに、なんだか洋服も気にするようになって、新しい下着も買って来たので、ますます怪しいって思ったんです」