働き方は、生き方です。人それぞれ人生が違うように、働くスタイルも多種多様、正解はありません。会社や周りの力を借りながらも最終的には、どのように働くかは自分の意思で改革していくしかありません。今回は、女優の内山理名さんにお話を伺いました。「私の」「私のための」働き方を改革するためのヒントが、そこにありました。

-AD-

心と体を整えてくれるヨガの教えが、
人生のすべてに活きてくる

「浄化やリセットができ、素の自分に戻れる大切な場所」という鎌倉で撮影。プライベートでよく訪れるそうで、波の音を聞きながら台本を読んだり、ヨガクラスについて考えたりする時間は、新しい閃きがあることも。フードロスへの関心も高く、食とヨガやリトリートを組み合わせた場づくりなど、ライフスタイルと融合した試みを企画中。「体で感じることの大切さを伝えたい」と内山さん。

10代でデビューしてから、ドラマ、舞台、映画と数多くの作品に出演し、多忙な生活を送っていた女優の内山理名さんがヨガと出合ったのは20代前半の頃。友人からプレゼントしてもらったヨガマットとDVDが始まりだったそう。

「20代の頃は本当に忙しくて、いくつもの作品を掛け持ちして4つの役を同時進行で演じるなんてことも。役に入ってから素の自分に戻る時、自分のなかで何が本当の自分なのか分からなくなってしまったというか、自分の軸を見失って怖くなったことがあったんです。演じることはもちろんやりがいがあったし、当時は若くて体力もあったからできていましたが、今思い返せばギリギリの状態だったかもしれません。そんな時、ヨガが自分の“戻る場所”になったんです。撮影の合間に家で気軽にできるのが自分に合っていたのかもしれません」

以来、ヨガ歴16年。内山さんを虜にしたヨガの魅力を尋ねると、「ただ綺麗なポーズを取るだけのものだったら、ここまでハマることはなかったと思う」と言う。彼女にとって、ヨガは単なるフィットネスとしてのものではなく心を整えるために必要なもの。「ヨガについて学びたいことがありすぎて」と、5年前から本格的にスクールに通い、ヨガ哲学やアーユルヴェーダの学びも深めている。

「ヨガとは、心や体の変化を感じて自分自身と向き合うこと。たとえば『シャバーサナ』というポーズがありますが、呼吸を深め、体の意識を取っていくことで無になるという意味もあります。今日の呼吸は深いかな? 浅いかな? 手が冷たいな、これが美味しい、これが好き、怒りや嫌だなという感情も全部、今の自分を感じて、受け入れる。そこにはダメがないんです。

役者の現場って、ダメ出しがつきもので実は褒められることのほうが少ない。20年以上女優を続けるなかで、ダメに慣れてしまっている自分がいたんです。だからある時から、『せめて自分だけは自分を認めてあげる』をテーマにしたのですが、ずっと探していた答えがヨガ哲学の中にあったんです。ヨガマットの上で起こることが人生のすべてに通じる!」

一つの作品が終わった時は、両手で思いっきり自分を抱きしめてあげるんです、と笑顔でギュッと肩を抱きしめる内山さんの姿がとても愛らしく見えた。女優とヨガ。両輪でバランスを保ちながら軽やかに、けれど真ん中にはしっかりとした軸が通っているように感じるのは、ヨガとの出合いでブレない体と心を作る術を知っているからかもしれない。