日本一有名な小説「源氏物語」、今の京都の言葉に訳したらこんなにスゴかった

担当編集が衝撃を受けた「いしいしんじ訳」
小泉 明奈

印象が大きく変わった、二人の姫君

このように、いしい訳の効能は、鮮やかな今のことばで語られることで、源氏物語そのものの内容が心に沁みるという点にある。

登場人物の印象が最も変わったのは、六条の君(六条御息所)だった。幽体離脱して生き霊となり、葵サンを取り殺してしまう、光君の恋人。「嫉妬深い年上女性」というイメージだったが、いしい訳で改めて読むと、そうなってしまった理由がよく伝わってくる。

 前の東宮さまのお妃やった、六条の君との関係も、固かったガードをかいくぐっ  て、まんまと口説き落としてしまわはってからは、急に冷めてしもたんか、そのま んまほったらかしてもうて、それって、あんまりなんとちゃうかしら。ふたりがま だ、なんもなかった頃みたいな、一途に口説きまくろうて気配なんか、影もかたち もあらへんし。

「釣った魚に餌はやらない」タイプだなんて、それは六条の君も、怒りを覚えるだろう。六条の君は自分が年上だし、世間体も気になっている、なんせ前皇太子妃なのだから。そして何よりも、光君にもっと愛されたいとひそかに願っている。でも、愛されない。そうして、生き霊となってしまうのだ。

六条の君は、「気品、センス、博識ぶりは、作中でも随一」という女性だ。誰よりも風流を解すということは、誰よりも繊細な感性を持っている女性なのである。生き霊になるのも、むべなるかな。

六条の君の存在感が増す一方で、改めて読むと意外にぴんとこなかったのが、光君の理想の女性で永遠の恋人・藤壺さま(藤壺女御)だ。光君の父・帝さま(桐壺帝)の後妻でありながら、光君と不義密通し、光君の子を産んでしまう。マンガ『あさきゆめみし』では最も印象に残った人物だったはずなのだが、いくら読み進めても「密通がばれたらどうしよう」とおびえるばかりで、藤壺さま本人の気持ちはどうなのか、はっきりとしない。

しかしただ1か所、「花の宴」帖で、藤壺さまが光君への思いを和歌に託している。

 おほかたに 花の姿を 見ましかば 露も心の おかれましやは(もし、世間一般 のひとらと同じように、あなたのはなやいだ姿、見られるんやったら、一切気がね なしにずっとずっと見とれていられんのに)

母后が亡くなり何もわからないままに嫁いだ年上の夫・帝さまよりも、宮中の誰もがみとれる美しさをもつ義理の息子・光君にどうしても惹かれてしまうという、藤壺さまの女心が垣間見える瞬間である。

こうした伏線や繊細な感情表現が盛りだくさんの物語を、千年前、紫式部というただ一人の女性が54帖も書き切ったということに、改めて感服する。この物語を疾走感あふれる訳で、楽しく読ませてくれるいしいしんじ氏に、謝意を表したい。

 

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/