日本一有名な小説「源氏物語」、今の京都の言葉に訳したらこんなにスゴかった

担当編集が衝撃を受けた「いしいしんじ訳」
小泉 明奈

これまでの現代語訳は「みやび」に過ぎた?

この現代語訳は、どうなんだろう。とにかく、確かめよう。いしい氏が底本とした『古典セレクション 源氏物語』(小学館)と古語辞典とを駆使し、受験生ばりに一字一句を読んでいく。

なんということでしょう! 紫式部は、表現は違えど、確かに同じ内容のことを書いていた。

これまでの源氏物語の現代語訳は、「平安朝の皇族や貴族たち」のみやびな雰囲気を纏っていた。源氏物語の原文は、尊敬語と謙譲語、丁寧語といった敬語表現がふんだんに用いられている。これが「みやびな現代語訳」の誕生にも影響していたのだろう。

いしい氏自身は、「昔から伝わってきた大きなイメージの影響」もあるのだろうと述べている。源氏物語は、時代の変遷の中でときに忘れられることもありつつ、鎌倉時代の藤原定家、室町時代の宗祇、江戸時代の本居宣長、昭和初期の与謝野晶子、谷崎純一郎といった折々の「巨匠」に見い出されては、その「文学史上の傑作」としての魅力を紹介されてきた。だからこそ、みやびやかに厳かに訳されてきたのではないかということだ。

 

こうした訳の数々は、源氏物語の価値を広く効果的に伝えてきたし、私自身も大好きで、これまで読んできた。だが、源氏物語を「とっつきにくい」と敬遠する人を生んだという側面もあるかもしれない。

一方、原文に忠実でありながらも率直に表現しているいしい訳は、敷居が低い。紫式部が、光源氏が、現代によみがえり、目の前でしゃべって動いているような感覚を楽しめるのである。

そうして私は、読めば読むほど、いしい版『げんじものがたり』の魅力に取りつかれていった。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/