〔PHOTO〕gettyimages

東芝の悲惨すぎる末路…なぜ“外資の草刈り場”となってしまったのか

車谷暢昭氏は「ポイ捨て」され…

物言う株主のアクティビストを排除し、中長期的な視野で事業を再建、その間、代表執行役社長兼最高経営責任者(CEO)として権力を掌握、将来、財界トップの経団連会長を目指す――。

そんな車谷暢昭氏の野望は、リストラ強化で痛めつけられた社員の反発、古巣のファンドCVCキャピタル・パートナーズを使った買収提案を、「保身」と見破った永山治取締役会議長らの嫌悪などによって敗れ、車谷氏は社長退任を余儀なくされたばかりか、経済同友会副代表幹事を辞任するなど、経済界での居場所を失った。

車谷暢昭氏〔PHOTO〕gettyimages
 

CVCは事実上、撤退したものの、火をつけられた米コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)、カナダのブルックフィールド・アセット・マネジメント、旧東芝メモリホールディングスの買収で実績のある米ベインキャピタルなどが、新たな買収提案を仕掛けてくることが考えられる。

東芝経営陣は、上場維持が企業価値を高めるという判断を下したわけだが、その際、車谷氏が呪縛から逃れようとしたエフィッシモキャピタルマネージメントなどアクティビストは、「1株5000円以上」というCVCの当初提案以上の株価を求めよう。

そうなると、17年11月、ファンドを呼び込む6000億円増資を実行したのは、車谷氏の退任で、社長に返り咲いた綱川智氏であり、その就任会見で「企業価値を上げる目的は我々も同じ。しっかりお話していきたい」と述べた綱川氏は、「ファンドの出口」を提供すべく株価を上げねばならず、考えられるのは「切り売り」だ。

編集部からのお知らせ!

関連記事