30代で2.5億円を株で稼いだ会社員が次々的中させた「テンバガー銘柄」を実名公開

投資を始めて2社目でテンバガー銘柄を当てる

会社員として働きながら30代にして2億5000万円の資産を築いた愛鷹さん。その成功の裏にあったのは、「テンバガー56銘柄」という驚異的な記録でした。

買値から10倍に値上がりするテンバガーは投資家にとっての憧れ。そんなテンバガーを連発する愛鷹さんの歩みと投資法、教えてもらいました!

テンバガー銘柄を次々と的中させる愛鷹さん
 

個人投資家にとってのあこがれである、買った株が10倍に値上がりする「テンバガー」。そんなテンバガーを2020年は19銘柄も、そしてなんとこれまで通算56銘柄で達成しているのが、会社員として働きながら投資している愛鷹さんだ。

「最初のテンバガー(10倍株)は「コシダカHD」。株を始めてから2番目に買った銘柄です。当時はまだ『テンバガーを取ってやろう』なんて思っていなくて、優待利回りめっちゃええやん!と優待に興味を持って買っただけでした」

2社目の銘柄でテンバガーなんて、まさにテンバガーの申し子! 株の英才教育を受けた天才なのですか?

「全然! かぶ1000さんみたいに中学生の頃から興味を持っていたわけではないし、親から株の話をされたことも相続もない。株式投資のことを知らぬまま平々凡々な家庭に生まれ、平々凡々に育った、平々凡々な幼少期でした」

そんな愛鷹さんは、大学である後輩との出会いがきっかけとなり、投資を始める。

「高級車を乗り回してる後輩がいました。どうやって財を成したか詳しくは聞きませんでしたが、株のトレードでひと財産を築いていたようです。出会ったときにはすでに投資信託の積み立てなどで、守る方向へシフトしていたみたいですが。

彼に『投資はお金がお金を稼ぐ仕組み。先輩も就職したら株を始めたほうがいいですよ』と言われ、おもしろそうな世界だなと」

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/