# 離婚

「離婚」を決意したサラリーマン夫に、不倫した30歳主婦の「ヤバすぎる逆ギレ」

そして夫は青ざめた…
露木 幸彦 プロフィール

そして妻は出ていった

しかも、妻の行動は大胆そのものでバレバレ……。たとえば、男性と会うのは平日の数時間程度にとどめて、「仕事で遅くなった」という言い訳を用意すればいいものの、いつも出掛けるのは週末。そのうえ、言い訳はいつも「出張」「休日出勤」……。これでは裕也さんにバレバレで、早々に気付かれたというわけです。

それでも裕也さんは妻がきちんと謝り、心を入れ替え、二度と同じことをしないと誓えば許すつもりでした。しかし、妻は裕也さんのほうが悪いという態度をとり、「なんで私が頭を下げなきゃいけないの!」と逆ギレ。裕也さん夫婦は離婚に至ったのです。

 

未成年の子どもがいる場合、どちらが親権を持つのかを決めなければなりませんが、家事や育児の負担はすべて親権者にのしかかります。もし、妻が長女を引き取った場合、今の生活(時間、体力、お金)を維持するのは不可能でしょう。しかも長女は裕也さんになついています。さらにプライドが高い妻が裕也さんに「親権を譲って欲しい」と頭を下げるのは無理。そのため、妻は長女を置いて家を出ていったそうです。

どんな夫婦でも家事の負担、育児の方針等をめぐってストレスを抱えているでしょうが、不倫に走るのはごく一部です。大多数は他の方法でストレスを解消しているのに、今回紹介した妻たちが不倫に走ったのは、やはり夫に落ち度があったともいえます。

自分と妻の性格が違うのは当たり前なのですから、「おかしいだろ」と頭ごなしに否定するのは間違い。そんなときは目線を変えて、妻の短所は裏を返せば長所になり得ます。例えば、嘘をつけないほど心は純粋。当たり前のことではありますが、夫婦は互いの長所を褒め、温かく見守り、無暗に否定しあわないよう心掛けることが大事だと思うのです。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/