# Vtuber

Vtuberの「世界進出」が止まらない…そこに潜む「可能性とリスク」

登録者250万人のチャンネルも

ホロライブの海外進出がスゴい

ここ数年で大きく成長したYouTubeでの配信文化。その中でも、とりわけ目を引くのがvirtual youtuber(以下Vtuber)文化だろう。

かつてはキズナアイなどのごく一部の人気配信者がおり、多くの企業や個人勢と呼ばれる配信者たちがその後を追うような流れが続いていた。しかし近年はカバー株式会社が運営するホロライブと、いちから株式会社が運営するにじさんじの、2つの企業系Vtuberが人気を集めている流れになっている。

特にホロライブの躍進は凄まじいものがある。現在国内では、1つの目安である100万人登録者を達成したホロライブの配信者は10人を超えており、今でもチャンネル登録者数が増えている。

またホロライブの海外の配信者に目を向けると、「サメちゃん」ことGawr Gura(がうる・ぐら)の約250万人の存在感はとても大きい。最も人気のVtuberであるキズナアイの登録者数が約300万人弱であることを考えると、いかに凄まじい数字かがわかるはずだ。

「がうる・ぐら」youtubeチャンネルトップ画面
 

もともと、Vtuberは日本国内で生まれた配信文化だった。日本ではニコニコ動画などのプラットフォームで、顔出しをすることに抵抗を感じ、顔出しをしないで音声のみ、あるいは首から下だけを映して配信をする文化があった。そういった場で活躍していた配信者がVtuberというアバターを獲得し、YouTubeで投稿することで、大きな注目を集めるに至った。

そのVtuber文化を国内に留まらせず、積極的に海外に伝播させ、波及させたのはホロライブやにじさんじの大きな功績だろう。特にホロライブでは英語の堪能な桐生ココのデビューや、インドネシアや英語圏の配信者をVtuberとして生み出すことで、海外ファンを積極的に獲得し、今の大きな人気を築き上げた。

もともと、漫画・アニメなどのオタクカルチャーは日本国外でも人気があったものの、基本的には内需で成立していたことから、その人気は明確な数字として見えてきづらかった。

ビデオソフト『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』が1996年にアメリカのビルボード誌で週間売り上げ1位となったのが今でも伝説として語られるが、これに代表されるように、「海外でも数字が取れる」コンテンツであることは、以前から自明だったわけだ。

だが、配信は基本的には数字の世界だ。登録者数、再生数、配信の同時接続数、スーパーチャットと呼ばれる投げ銭システムでもらった金額の総額、Twitterでのトレンドランキングなど、多くの数字が出てきてしまう。その結果、Vtuberタレントは単なるイロモノではなく、数字を持つれっきとした有名人として認知されるようになった。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/