文在寅が“自爆”へ…! 韓国で「コロナ対策」が大失敗、米国からも「見捨て」られた文政権の末路

文在寅の「コロナ対策」に不満爆発!

韓国の文在寅大統領の支持率を支えてきた「K防疫成功」の評価が崩れ、民心も文在寅氏のコロナ対策に背を向け始めた。

4月23日、韓国ギャラップは今月20-22日に行った世論調査で、「政府が新型コロナにうまく対応しているか」を訪ねて結果、回答者の49%が「うまく対応していない」、43%が「うまく対応している」だった。否定的評価が上回ったのはK防疫が成功する前の昨年2月以来だ。否定的評価をした人々の半数はワクチン確保と供給問題を指摘した。

文在寅に韓国国民が背を向け始めた photo/gettyimages
 

文在寅政権はワクチン確保で国民に対して楽観的見通しを伝え、それが次々と破綻してきた。また、日本の菅義偉総理が米国でファイザー社のCEOと直談判し、ワクチンの追加供給の約束を得た。

このため、文在寅氏にとっても米国でワクチンの追加供給問題で成果がなければ政治的に大きな痛手を受けかねない事態となっている。こうして文大統領訪米の最大のイシューにワクチン確保問題が急浮上している。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事