Photo by iStock

韓国で仮想通貨が“暴落”…地獄を見た若者たちの「悲惨すぎる現実」

韓国政府はナーバスになるが…

不動産投資は若者に不人気

かつて韓国で「投資」といえば、その対象は不動産が主流だった。株式やFX(外国為替証拠金取引)などよりも確実に資産を増やせるという考えは、国民共通の認識であった。

しかし、最近はその風潮にも変化が生じ、特に若者世代の間では仮想通貨がブームとなっている。

ブログやYouTube上では短期間で膨大な利益を得た人らがその手法を公開し、それを見た若者たちが「自分にもできるのでは?」と考え、知識も無しに始めて大失敗するケースも少なくない。

それは何も仮想通貨に限ったことではないが、実際に、仮想通貨取引所を運営する企業に「1万KRWとは何ウォンなのか?」と問い合せをする人もいるという。“KRW”とは韓国の通貨単位のことだから、“1万KRW”は“1万ウォン”だ。それすら知らずに、仮想通貨を始める若者もいると聞くから驚きだ。

Photo by iStock
 

今年に入って新しく仮想通貨投資の世界に足を踏み入れたうちの60%が、“2030世代(20代と30代)”といわれる若者世代であった。主要4大取引所で、第一四半期に新規加入した人の数は計250万で、その内訳は20代が32.7%と最も多く、続いて30代が30.8%だ。

確実な利益は見込めるが…

何も不動産投資が儲からないというわけではない。たしかに仮想通貨は確かに右肩上がりではあるが、乱高下が激しい。一方で不動産投資は確実なリターンが見込める。分譲時に新築物件を購入、入居が始まり物件の価値が上昇してから売りに出す。ソウル市内であれば、転売を繰り返せば数千万円、数億円の利益を得られることも多い。

筆者の知り合いも、2013年に分譲が開始され、3.3m2あたり平均約160万円の値がついたソウル駅前にあるタワマン「徳寿宮(ドクスグン)ロッテキャッスル」を購入していたが、入居開始のすぐ後から数千万円の儲けが出たと話していた。

編集部からのお知らせ!

関連記事