Photo by iStock

今さら聞けない…PCRの超基本「感度」「特異度」を“刑事ドラマ風”に解説する

現代社会を支える「ベイズ主義」を学ぶ
根拠がまったくない「陰謀論」が飛び交ったコロナ禍。デマに騙されて間違った行動を取ってしまわないためにも、確率、特に「ベイズ主義」を学んで真偽を判断する能力を養うことが重要です。新刊『DXとは何か』から、現代社会の根幹をなす「ベイズ主義」の考え方について、PCRを例に紹介します。

「陰謀論」に騙されないために

新型コロナウイルスのPCR検査について「日本は検査数が不自然に少なすぎるのは、感染者数が増えないように、わざと検査していないのではないか」というような陰謀論を、本気で信じる人がいた。

そうした人は「希望してもPCR検査してもらえない」とか、「全員にPCR検査をして陽性の人を隔離してくれれば、他の人に感染させないので安心でき、皆が普段の生活ができるのにどうしてしないのか」と考えて不信感を抱いていたため、陰謀論に傾いてしまったのだろう。

Photo by iStock
 

しかし、検査を希望した人にはどんどん検査すればいい、というのは科学的に間違っている。単にコスト面だけでなく、積極的にやらない方がいい理由がある。筆者は感染症の専門家ではないが、科学的な証明のためのデータの統計的評価という基本原理については、感染症でも他の科学の分野でも同じだ。

専門的知見については、ぜひネットで医療関係者――特に感染症や公衆衛生の専門家のツイートやブログを探して読んでいただきたい。テレビ出演が多いからだけでは、残念ながらその人の信頼度評価基準として適切でないだろう。多くの場合、一般受けする発言をするというだけの基準で選ばれることもあるからだ。

ネットならその発言を、他の多くの専門家がどう評価しているか、検索やリツイートをたどればクロスチェックすることができ、それにより医療関係者のコンセンサスがおのずと見えてくる。

編集部からのお知らせ!

関連記事