# 自動車

なぜ日本は「バック駐車」が主流なのか?その理由に隠された「意外な不安要素」

軽自動車が売れる理由も納得?
渡辺 陽一郎 プロフィール

ボディサイズが拡大すると…

以上のようにクルマの後退(フォークリフトの前進)では、安定性が悪化する代わりに、車両の向きが鋭角的に変わって車庫入れをしやすい。

縦列駐車も同様だ。後退しながら鋭角に車両の向きを変えると、空間の広い車道側(一般的には右側)にボディの前側が張り出し、後方は歩道側へ切れ込む。後退しながら車庫入れや縦列駐車を行う時に大切なクルマの機能は、小回り性能と後方視界だ。

まず小回り性能には、ボディサイズとホイールベース(前輪と後輪の間隔)が影響を与える。軽自動車はボディが小さく、ホイールベースも、軽自動車で最長のN-BOX(N-WGNやN-ONEを含む)が2520mmに収まる。

そのためにN-BOXでは、最小回転半径も4.5〜4.7mと小さい。ハスラーも4.6mだから小回りが利く。アルトの最小回転半径は4.2mだ。

 

一方、ボディが拡大すると小回りの利きも悪化する。それでも後輪駆動車は、ボディサイズの割には小回り性能が良い。例えばLサイズセダンのクラウンは、全長が4910mm、ホイールベースも2920mmと長いが、最小回転半径は5.3mに収まる。

前輪駆動車は逆に小回りの利きが悪い。アコードは全長が4900mm、ホイールベースは2830mmだからクラウンに比べて短いが、最小回転半径は5.7mに達する。レクサスESの上級グレードは5.9mだ。

今は前輪駆動車が圧倒的に多く、後輪駆動車は比較的ボディの大きなセダンやクーペになるが、街中では意外に運転しやすい。後輪駆動は運転感覚が自然なことからプレミアムセダンに多く採用され、メルセデスベンツEクラスも、全長は5m近いが最小回転半径は5.3mで外観から想像されるよりも扱いやすい。

縦列駐車や車庫入れでは、後方視界も大切だ。ボディの向きを鋭角的に変えるため、後退しながら狭い駐車スペースに収めるには、後方が良く見えなければならない。ボディの四隅の位置が分かりやすいことも不可欠だ。

編集部からのお知らせ!

関連記事