photo by istock
# 自動車

なぜ日本は「バック駐車」が主流なのか?その理由に隠された「意外な不安要素」

軽自動車が売れる理由も納得?

前向き駐車のほうが難しい場合も

日本では、一般的に車庫入れをする時は、後退して駐車スペースに収める。いわゆる「バック駐車」だ。一方、海外、特に米国では「前向き駐車」が基本だ。なぜこのような違いがあるのか。

答えはシンプルで、日本の駐車場は全般的に面積が限られ、通路よりも幅の狭い駐車枠に入れる必要があるからだ。そのために通路の部分で鋭角的に車両の向きを変える(転回させる)ため、後退しながら車庫入れを行う方がスムーズになる。

試しに自車が入りたい駐車枠の左右が埋まっている状態で、駐車スペースに前進しながら進入しようとすれば、運転が難しくなる。後退しながら駐車スペースに収めるよりも、面倒な切り返しを強いられる。

後退しながら駐車スペースに入れば、出る時には前進だから後の操作がラクになるメリットもあるが、それ以上に前進では駐車枠に入りにくい。

photo by istock
 

この理屈は、フォークリフトを思い浮べると分かりやすい。フォークリフトは進行方向に対して前輪を駆動して、操舵は後輪が行う。つまり一般のクルマに当てはめると、常に後退している状態だ。

従ってフォークリフトは、前進の状態で鋭角的に曲がることが可能になる。後輪操舵の背景には、前輪に大きな荷重が加わる事情もあるが、車両の向きを鋭角的に変えられるメリットは大きい。

その代わりフォークリフトでは、ステアリングホイールを急に回すと、進行方向が鋭角的に変わるから慣性の影響で横転しやすい。クルマが後退する時も同様だ。

後退中に速度を高めるのは、それ自体が危険な運転だが、高速で後退中にステアリング操作まで行うと、ボディの傾き方が拡大して挙動は一層不安定になる。後退時には少しのステアリング操作で車両の向きが鋭く変わるからだ。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/