義母の行動に違和感が――結婚してそう感じることは残念ながらあるだろう。他人同士なのだから、たとえ子ども同士結婚を決めてもその義理の両親と相性がいいとは限らない。しかし、どうせなら仲良くしたいと思うのも当然の感情。でも、自分にだけ意地悪なのではないらしい――そう感じたらあなたはどうするだろうか。

義母の謎の行動に長く悩んでいたのが、フリーライターの上松容子さんだ。結婚前に夫の実家を訪ねた時、専業主婦の鏡のようにかいがいしく夫の世話をやく義母だったが、孫である上松さんの娘がアニメのビデオを見ながら話しかけても無視したり、義父ががんとなって亡くなった時に驚くような言動を見せたり、実家売却のときに勝手に格安で売却してしまったり……義理の娘である上松さんは戸惑うばかりだった。

上松さんの父ががんとわかり、一時期同居を提案した時の冷たいはねつけには心が凍り付いたが、一人にしておくこともできず、二世帯住居での同居を決意する。しかし同居がはじまると、お願いしては直前に断ったり、誰かに見張られていると騒いだりという義母の行動に振り回されることとなってしまった。そして義母が転んでけがをしたのを機に病院へ行くことができ、軽度の「認知症」と診断される。
連載「謎義母と私」、今回は、実は義理の娘の自分にだけなのではなく、実の息子に対しても驚きの行動をしてきたことを知った時のことをお伝えする。なお、個人が特定されないように上松さん自身もペンネームであり、登場人物の名前は仮名としたドキュメンタリーである。

容子    20代後半で結婚。現在50代
夫     容子と同い年。営業職
明子    容子と夫の一人娘
義父       東京近郊在住 大正生まれ 中小企業社長
義母トミ子 昭和ヒト桁生まれ 元看護師 専業主婦
-AD-

夫の思い出話から見えてきた義母の人間像

だんだんと義母に関する謎が増えていったのは、義父が闘病していたころだった。義父の、がんで腫れた部分を「汚い」「気持ち悪い」と言い放つ様子。意識を失った義父の枕元に立ち、親戚と葬儀の段取りを大声で話し合う。互助会との打ち合わせでは、葬儀当日に自分が着る着物のことばかり話す……。些細なことではあるが、何か喉に小骨が刺さって抜けないような、なんとも言えない不快感が募っていった。

傍の人間が首を傾げるような言動の多くは、主に人間関係にまつわるものである。遠巻きにしている分には、義母は穏やかで優しい女性だったが、付き合うにつれ、人として思いやりにかけるような態度に、ショックを受けることが頻繁に起きるようになった。当初、「嫁」である私への当てつけ、あるいは嫌がらせなのかと疑っていたのだが、そうではないらしい。追々語られるようになった夫の思い出話から、ようやく義母「トミ子」という人間の性質が見えてきた。

息子の運動会を見に行かなかった理由

ある日夫と話していて、「小学生のころ、おふくろもおやじも運動会に来たことがない」と言うので、ちょっと驚いた。「ほかの子たちの家族は、ゴザを敷いた上に座って応援していたから、なんでウチの親は来ないんだろうと気にはなってた」
彼の父親はマスコミ系の仕事で忙しく、土日も出かけていたというから、来られなくても仕方がない。義父は、昭和のモーレツ社員だったのだ。しかし、看護師をやめ、専業主婦として家にいた母親も来なかったというのはどういうことなんだろう。

主義主張や好みは千差万別なのだから、もちろん我が子の運動会だって、いちいち見に行かない選択があって当然である。しかし、6年間一度も来なかったというのは本当だろうか。実は来ていたが、夫自身が気づかなかっただけなのではないか。
義母と同居するようになってからふとそのことを思い出し、世間話の流れで思い切って確かめてみた。もしかすると、運動会のことは夫の思い込みかもしれない。誤解が解けたら、「本当は行って応援していたんだよ」「そうだったのか、ありがとう」なんて、感動のシーンが繰り広げられるんじゃないか。

家族で食べるお弁当も運動会の楽しみのひとつだった人も多いのではないだろうか Photo by iStock