photo by iStock
# ライフ

「夫婦別姓」は“日本の伝統を破壊する”と怒る人たち、その致命的な「勘違い」

じつはそんなに歴史があるものじゃない

日本の夫婦同姓、じつは「歴史が浅い」んです…!

選択的夫婦別姓。現行法では、結婚すると夫婦どちらかの姓に必ず変わることになっているのを、元の姓のままでもいいとする制度だ。そうしたいと願う人びと(特に女性)が大勢いる。選択制だから、今まで通りでもよい。誰かに迷惑がかかる話ではない。

photo by iStock
 

ところが、反対の声がある。

日本の伝統や、家族の和をないがしろにしてよいのか。夫婦が別々の姓などとんでもない、と。カギを握る自民党で、賛否が分かれている。

文化や伝統を守ろう。保守主義は大事な考え方だ。だがそもそも、夫婦同姓は、日本の伝統なのだろうか実は、わずか百年ほどの歴史しかない

田中、鈴木、佐藤、…みたいな氏(苗字、姓ともいう)も、明治維新のあとあわてて決めたもの。伝統と言うより、伝統のシッポである。

編集部からのお知らせ!

関連記事