# ドラマ

『ドラゴン桜』16年ぶり続編の“違和感”が早くも消えた最大の理由

「日曜劇場風」に賛否両論
木村 隆志 プロフィール

前作キャストのサプライズに期待

最後にもう1つふれておきたいのは、生徒役のキャスティングについて。否定的な声を挙げていた人の中には、生徒役のキャストに対する物足りなさのようなものも少なくなかった。

続編の生徒役は1000人に及ぶ応募者から選ばれた精鋭。なかでも主要生徒役の髙橋海人、南沙良、平手友梨奈、加藤清史郎、鈴鹿央士、志田彩良、細田佳央太は、業界内で「人気やビジュアルより実力優先で選ばれ、今後の連ドラを背負っていく人材がそろった」と言われている。

 

なかでも、南は『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』、鈴鹿は『蜜蜂と遠雷』、細田は『町田くんの世界』で多くの映画新人賞をにぎわせるなど、特に映画界での評価が高い。また、加藤は子役としての華々しいキャリアを持っている。だからこそ彼らが福澤監督の演出で彼らがどのような演技を見せるのか、興味深いのだ。

そして生徒役と言えば、紗栄子に続いて、前作の山下智久、新垣結衣、小池徹平、中尾明慶の「再登場はあるのか」も気になるポイントの1つ。今のところ「山下と新垣は難しいだろう」と言われているが、サプライズの得意な日曜劇場ならば可能性はゼロとは言い切れないし、もし実現しなくても別のサプライズが期待できる。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/