NHK『おちょやん』公式サイトより
# ドラマ

大詰めで急速に支持を集める朝ドラ『おちょやん』、これまで過小評価されてきた理不尽なワケ

低視聴率と称賛コメントのギャップ

photo by gettyimages

昨年11月30日にスタートした朝ドラ『おちょやん』(NHK)がいよいよ残り2週の放送を残すのみとなった。

ここまでは17%前後の世帯視聴率が「近年の朝ドラよりも2~5%も低い」と繰り返し報じられているほか、「話題にもならない」などと、さんざんな言われようであり、「失敗」のムードを醸し出すメディアが目立つ。

しかし、SNSを見ると、コメントの大半は称賛、感動、愛着などのポジティブなものが占め、見ている人の満足度はむしろ他の朝ドラよりも高い。

実際、低視聴率を報じる記事が出ると、それを打ち消すような反発のコメントで埋め尽くされ、しかもその声は中盤から終盤にかけて増えている。

では、なぜ『おちょやん』はメディアから過小評価されてしまったのか? また、そんな状況の中で、なぜ視聴者の支持を獲得できたのか?

 
編集部からのお知らせ!

関連記事