環境省レポートの「中身」とは photo/gettyimages

アパレル業界に「死亡宣告」をつきつけた「環境省レポート」の衝撃的中身

エコファッションの「真実」

慢性的な過剰供給にコロナ禍が加わって2020年のアパレル消費は2割も減少したが、このほど環境省が公表した『SUSTAINABLE FASHION』レポートがアパレル業界に衝撃を与えている。というのも、慎重に購入して長く使い、リユースやリサイクルして生産も消費も廃棄も圧縮することが環境負荷を軽減すると大々的に提じているのだから、「使い捨て」と「買い替え」で成り立って来たファッション業界にとっては「死亡宣告」にも等しい。

コロナ禍に新疆綿問題も加わって先行きが見通せなくなったファッション業界に、またもや難問を問いかける環境省のレポートは、「サステナブルファッション」で活路を切り開きたい業界に冷水を浴びせることになるのだろうか――。そう問いかけるのは『アパレルの終焉と再生』の著者でアパレル流通ストラテジストの小島健輔氏だ。

環境省のレポートがアパレル業界に衝撃を与えている(環境省公式HPより)
 

「より安く より多くって、いいこと?」と

環境省『SUSTAINABLE FASHION』レポートは「これからのファッションを持続可能に」をテーマに、『ファッションと環境の現状』『サステナブルファッションへの関心』『ファッションと環境へのアクション』と三段階で構成し、衣服の生産から着用、廃棄に至るまで環境負荷を軽減するには何をすべきか、消費者とファッション業界の両方に平易な言葉で問いかけている。

『ファッションと環境の現状』では、商品企画段階、原材料調達・紡績・染色・裁断・縫製の生産段階、輸送・物流段階、販売・利用・排出段階、回収・リペア・リユース・リサイクル段階とわかりやすく図示して、如何に環境負荷が大きいかデータを揃えて論証し、「より安く より多くって、いいこと?」と問いかけている。

わかりやすく環境負荷を示している(公式HPより)

『サステナブルファッションへの関心』では、消費者の関心が高まっていること、私たちが求められていることをアンケート結果で裏付け、『ファッションと環境へのアクション』では、消費者として取り組めること、ファッション企業として取り組めること、を左右に対比して具体的なアクションを提議している。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/