【アメブロブロガー・オギャ子の「捨てる育児」#17】

3人兄弟の母でブロガーのオギャ子さん(ブログはこちら)が子育てをする中で、「これは引き算できる!」or「いや、これは流石にできない…」と学んだことについて、自身の経験談から書き下ろしの漫画と写真とともに教えていただく本連載『捨てる育児』、第17回目のテーマは「在宅勤務での子育ての両立」について​。

「家にいるなら、学童に任せず自宅で子どもを見たら良いのではないか?」
このような意見を度々いただくことがあるというオギャ子さんは、現在夫婦ともに自宅でお仕事をしている在宅ワーカー。外出を要する仕事と比べ、確かに時間などの調節はしやすいかもしれないけれど……。

このコロナ禍、緊急事態宣言などで一気に広まった「在宅勤務」という働き方で、同じように子育ての両立にもがいている人も多いはず。家庭によって仕事や状況もさまざまだからこそ、自分一人で背負い込むことなく、状況に合わせて社会のシステムや周りの人の助けを借りながら子育てすることは大切かもしれません。

もっと子育てしやすい社会にしていくために、手放したい考え方について綴っていただきました。

オギャ子さんのインスタグラム「オギャスタグラム」でもまだ出していない、未公開エピソードをご覧ください。

オギャ子(おぎゃこ)
1982年、大阪生まれ。アメブロブロガー。マイペースなちゅんたん(長男)、心優しく激しさも持つゆいたん(次男)、甘え上手なほーちゃん(三男)という三兄弟の母。夫は輪郭が四角いことから「四角」と呼ばれている(オギャ子さん命名)。転勤族だったが、最近ついに一軒家を購入。四角さんも転職し、いまは家族みんなで大阪住まい。

イラスト・文/オギャ子

在宅であれ、仕事をしているわけで…

\右にスクロールしてお読みください!/