「とにかく見せ場を作れ」菅首相の初訪米、その異様な舞台裏

頭にあるのはパフォーマンスばかり
戸坂 弘毅

「ワクチンと一緒に帰国」を画策

さらに首相が今回の訪米で狙っていた最大の政治的パフォーマンスがあった。新型コロナウイルスのワクチン確保だ。米製薬大手ファイザー社のワクチンを大量に入手し、訪米からの帰国時、なんと政府専用機で一緒に日本に運んでくるという演出を画策していたという。

日本のワクチン接種率は、G7の中で断トツの最下位であるばかりか、英オックスフォード大学運営の「Our World in Date」4月19日時点のデータによれば、先進国の集まりであるOECD=経済協力開発機構の加盟37か国の中でも最下位層だ。この事実が国民の間にじりじりと浸透し、内閣支持率にも悪影響を及ぼしつつあるが、首相はこの状況の「一発逆転」を狙っていた。

 

かつて小泉純一郎氏は首相在任中に北朝鮮を訪問した際、帰国時に合わせて拉致被害者を連れて帰り、内閣支持率を大幅に上げた。それに倣って、「大量のワクチンと共に帰国すれば大いに国民にアピールでき、支持率の大幅アップも夢ではない」(首相周辺)と考えたのだ。

そのため、首相は早くからワクチンを担当する河野太郎行革相らにファイザー社との交渉を命じた。だが、ファイザー側の姿勢は強気で交渉は進展しなかった。「交渉は首相と行いたい」と言い出したファイザー社のアルバート・ブーラCEOと菅首相との訪米時の直接会談も模索したものの実現せず、2人の電話会談をセットするのが精一杯だった。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/