Photo by gettyimages

「とにかく見せ場を作れ」菅首相の初訪米、その異様な舞台裏

頭にあるのはパフォーマンスばかり

「俺が世界の中心だ」

「外交は内政の延長である」というのは国際政治に関する古典的な常識だ。菅義偉首相は、現地時間4月16日午後、バイデン米大統領とホワイトハウスで対面での首脳会談を行ったが、バイデン氏が就任後最初に会談する外国首脳に菅首相を選んだのは、まさに米国の内政が理由だった。

3月、日米首脳会談の実現が決まると菅首相は高揚感を隠し切れず、秘書官らに向かって「バイデンはイギリスのジョンソンなどよりも俺との会談を優先させたわけだ。俺がバイデンとともに世界の中心になった」と言い放った。

だが、日米関係筋は、「常に指導力不足を指摘されてきたバイデンにとって、強い姿勢で中国に対峙することを同盟国とともに高らかに宣言することで『強い指導力』を米国民に印象付けることができる会談相手は、日本の首相だけだった」と解説する。要するに、米国内の事情で菅首相が最初の会談相手になっただけなのだ。

 

「特別感」の演出にこだわって

今回の首脳会談について、新聞・テレビ各社は「日米首脳 対中国で同盟深化」などと会談の「成果」を大々的に報じた。

だが、水面下における事前の日米外交当局間の折衝を辿れば、菅首相が肝心の首脳会談の中身よりも、間近に迫った衆院選をにらんで、会談の「特別感」をいかに世論にアピールするかの「演出」ばかりに腐心していたことが浮き彫りになる。

衆院選が近いという「内政」の事情に引っ張られるのは当然だとの受け止めもあるだろうし、外交を内政に利用しようという点では日米とも同じではないか――との見方もあるだろう。だが、菅と外務省幹部らとのやり取りを知れば、首相就任時まで外交・防衛問題にほとんど関心を示してこなかった菅氏の宰相としての資質に、改めて疑問符が付くエピソードだらけだった。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/